薬剤師求人サイトを選ぶコツとは?

薬剤師求人サイトに登録する前に理解しておきたいこと

薬剤師は転職が多い業界です。そこでよく利用されているのが<薬剤師転職サイト>です。実際に転職する段階になると焦りの気持ちが出てくるのではないでしょうか?

ここでは、薬剤師転職サイトに登録する前に理解しておきたいことを整理しておきましょう。

1番目は転職したい勤務先は「都市部」なのか「地方エリア」なのかです。
2番目は転職までの時間は充分にあるのかどうかです。
3番目は特殊な事情(例えば子育て・短期のみ・派遣など)があるかどうかです。

こういったことで希望する薬剤師転職サイトは違ってきます。基本的なスタンスとして1社だけの登録はやめておきましょう。その理由は求人情報が少なくなるからです。少なくとも2社は登録しておいてください。

多すぎるのも問題があります。4社以上の登録はおすすめできません。 その理由は「重複案件が多くなること」と「専任コンサルタントとのやりとりが厄介になってくること」です。理想的には2社から3社に絞り込むことです。
薬剤師転職│今求められている薬剤師の姿とは?

具体例を3つご紹介しましょう。

1番目の例は転職先が都市部や転職までの時間が充分にある場合です。この場合はメインサイトを2社で不安があればサブサイトを1社選びましょう。

薬剤師として転職を希望するエリアが首都圏・関西圏・名古屋市・福岡市ならば病院でも調剤薬局でも求人が多く、どこの薬剤師専門転職サイトでも力を入れています。しかしながら求人情報も重複する場合が多いですから2社登録で充分です。

2番目の例は地方への転職または都市部での転職で時間があまりない場合です。この場合の理想的な選択はメインサイトを3社選ぶことです。正直言って3社の専任コンサルタントとのやり取りは面倒ですが我慢するしかありません。

3番目の例は、特殊事情があって派遣薬剤師として転職を希望する場合です。理想的にはメインサイト2社を選ぶことです。派遣での転職ならば多くのサイトに登録する必要はなく2社で充分でしょう。

薬剤師の派遣会社は数社ありますが、大手は2社に集約されています。派遣会社の場合は通常の転職サイトとは違った面があります。それは登録した派遣会社の担当コーディネーターとの人間関係が長く続くことです。

想像以上に好き嫌いが分かれる面があります。両方とも登録してみて波長があう担当者がいる派遣会社を利用すればいいでしょう。

以上、薬剤師転職サイトに登録する前に理解しておきたいことを整理しておきましたので参考にしてください。